沖縄ダイビング

ギアメンテナンス
レギュレーター
写真

レギュレーター

レギュレーターの洗浄では、必ず「ダストキャップを締めて」行い、「水の中でパージボタンを押さない」ということに気を付けよう。どちらの場合もファーストステージや中圧ホース内に水が浸入し、カビやサビの原因となり、レギュレーターが正常に機能しなくなる。

重点的に洗うのは、ファーストステージのウォーターポート(水圧感知穴)や、セカンドステージの内部。またホースプロテクターもたまに移動させて隠れている部分を洗おう。またスイベルはよく動かしながら洗おう。








ダイビングに関するご注意