沖縄ダイビング

環境問題

環境問題

水中で多くの時間を過ごしているダイバーにとって環境の変化は一番身近に感じるかもしれません。

愛すべく海をいつまでも楽しむには、環境問題に目を背けることはできません。

汚染される海、死んでいく珊瑚、絶滅が心配される海洋生物、ゴミ問題など、多くの環境問題を今一度私達は正面から受け止めねばならない問題かもしれません。

まずは、これらの問題を知ることからはじめましょう。
そして、次に自分が何ができるのかそれぞれが考え、行動するときではないでしょうか。

それらの行動が、この美しい海を後世に残すことに繋がるからです。
真剣に沖縄の海のことを考え減少するサンゴを守りましょう!ご協力をお願いいたします。
沖縄のサンゴの為に募金をお願いいたします。沖縄県サンゴ保守協会


エコロジー

オニヒトデによる被害

オニヒトデの大発生は、過去から繰り返し起こっている自然現象だという説や陸地の開発による土壌や栄養塩類の流入が引き起こしている。

オニヒトデによる被害へ


ごみ問題

釣り糸による環境問題

沖縄の財産、日本の宝ともいえる沖縄の海は今や夢の島と化している。ビーチや岬から見る沖縄の海は青く美しい海に見えるが現状は違う。

釣り糸による環境問題へ



地球温暖化
赤土による環境問題

赤土が海へ流れ出る問題は主に土地の開発によるものがほとんど、マンションやゴルフ場など大規模な開発により山を削り掘り起こされた赤土がそのまま海へ流れている。 

赤土による環境問題へ


珊瑚の白化現象

サンゴの白化現象

サンゴの白化現象 沖縄のサンゴが白化する要因は様々あります。、開発により山などを削った際に流れ出す赤土また、田や畑から流れる赤土(肥料)、オニヒトデによる被害、温暖化により水温の上昇など様々な要因がサンゴの白化現象を引き起こしています。

サンゴの白化現象







ダイビングに関するご注意