沖縄ダイビング

ダイビングスポット
沖縄本島(周辺):座間味村

東牛

ユビエダハマサンゴの群生しているポイント。
スミレナガハナダイの性転換途中のオカマちゃんなどがいる。グルクンなどもよくまわってくる。


古座間味

ビーチポイント。ここはファンダイブはもちろん、体験ダイビングや講習にも使われる“これぞケラマ”といった無限の楽しみを秘めたポイント。


シル

ポイント名のとおり真っ白な砂地のポイント。ハマサンゴにスカシテンジクやキンメが群れている。へコアユなどが見られる。


トナカ

クマノミが多く、トウアカ以外はすべて見られる。ハナダイやスズメダイなど、かなりの量で群れているので迫力がある。ヤッコ類などもたくさん見られる。


知志

座間味島の北側にあるポイントのため冬場はめったに行く事ができない。ちょっとした洞窟などがある。ナポレオンなどが時々出現する。


海底砂漠

その名のとおり、まさに「砂漠」。真っ白な砂地と上から差し込む光とのコントラストを楽しむポイント。時々エイが見られる。


アガイザチ

コモンシコロサンゴ(通称:ブツブツサンゴ)が水深5m〜20mにかけて群生しており、ハナゴイなどが群れている。サンゴの綺麗なポイント。






ダイビングに関するご注意