沖縄ダイビング

ダイビングスポット
沖縄本島(北部):本部町

崎山

ビーチが主体でリーフエッジにタイトプールが有り、そこからケーブルが走っておりケーブルに沿ってエントリーする。タイトプールの中から沖に向かって亀裂が走り両サイドにはサンゴが豊富にある。


アクアポリス漁礁

水中に神殿の様なコンクリートの漁礁がある場所がポイント。クマザサハナムロやシコクスズメダイ等が群れている。サザナミヤッコやツバメウオ等の魚もよく見られる。流れが速いので注意が必要。


キャベツ畑

キャベツ畑のようにウスコモンサンゴの仲間が群生しており、他にもクマノミが5種類見られます。デバスズメ等の小魚も豊富です。


山川港

水面移動が少なくてすむポイント、最大で12M程度なのでゆっくり楽しめる。水底は砂地で、30cmもあるヨウジウオがいたり、カクレクマノミも見られる。


瀬底北

クマザサハナムロ・タカサゴ等の群れが多いポイント。水底には砂地も有り、ヤッコエイやヒレナガネジリンボウ等も見られるポイントです。


瀬底島漁礁

水底にトラックを沈めた漁礁が有り、そこに色々な魚が住みついているポイント。カマスの群れやアジアコショウダイ等の魚が見られる人気のスポットでもある。


パンプキン

カボチャのような大きなアオサンゴの仲間があるポイント。キンギョハナダイやハナゴイ等が多く見られ、オニダルマオコゼがよくいる。ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ、ニチリンダテハゼも見られるポイントです。


崎本部

講習等に最適のポイントで砂地で比較的浅く周囲に大きな根が有り、そこにロクセンスズメダイやミツボシクロスズメダイ等の魚が目の前まで寄ってくるポイント。


ラビリンス

陸から手を広げた様な形の根が有り、間には亀裂が走る。その回りにはテーブルサンゴ等が付き、亀裂の先は入り組んでいる。なかには、アーチやタイトプールが有り、リュウキュウハタンポやアカマツカサ等を見ることができる。


キャメル

5M〜16Mまで続く縦にに長い穴の中にキンメモドキの群れが見られるポイント。穴の周りには、30cmはあるカサゴ類が見られ、キンメの群れをねらっている。サンゴも多く、スズメダイの仲間も数多く見ることができるポイントです。


アザミサンゴ

島からのリーフが急な斜面となって落ち込んでいるポイント。所々にアザミサンゴの大きな固まりが有り、リーフに開いた穴にはよくシマダコやワモンダコ等が生息している。キビナゴの群れなどもリーフの窪みにいるため、アジやカツオ等もよく見られる。


ヨスジの根

水深24Mの根には、ヨスジフエダイやガーデンイール等が群れる。水深16Mの根にはスカシテンジクダイやキンギョハナダイ、ムレハタタテダイ等が見られるポイント。


ケーブル

その名の通り、砂地に水納島に続く海底ケーブルがあり、その周りでハダカハオコゼやコチ、メガネウオ等が見られるポイント。時には、ハナヒゲウツボ等が見られる。


灯台下

ポイントは砂地のスロープになっていて、沖に向かって15Mと20Mに根が有り、20Mの根ではコウワンテグリやオニダルマオコゼ、ハダカハオコゼ等が見られ、カメ等が出没するポイントです。






ダイビングに関するご注意