沖縄ダイビング

ダイビングスポット
沖縄本島(中部):嘉手納町

クマノミパラダイス

嘉手納漁港より船で約5分の沖合いにある伊奈武瀬(イナンビシ)は、干潮になるとサンゴの巨大な根が水中から顔を出し、満潮になるとその姿を消してしまう サンゴ礁があります。今回、数あるイナンビシのポイントから「クマノミパラダイス(通称:クマパラ)」をご紹介致します。
ここは、名前の通り沖縄で見られるクマノミ全6種類中5種類のクマノミを見る事ができます。(もう1種類は、水釜沖にある「トウアカポイント」で見る事ができます。)
また、クマノミだけでなくソフトコーラル(やわらかいサンゴ)の群生や真っ白い砂地が広がっており、生物も豊富です。


渡具知の沈船

嘉手納漁港より船で約5分。近場ポイントでは珍しい沈船が見られるポイントです。そんなに大きくはないがクレパスの間にプレジャーボートがスッポリとは まっており、完全な形で残っています。手前には船の舵が落ちており、そのすぐ側に沈船が静かに眠っている。そんな沈船を棲家しているハナミノカサゴやスカ シテンジクダイ等を見る事が出来ます。


水釜

比謝川の河口にあるのが「水釜ポイント」である。南ポイントと同様、階段状の防波堤を下りて行くのでエントリーしやすい。2ヵ所の階段があるが、小さい方 の階段がメインとなるエントリー場所である。水深も比較的浅く、初心者でも安心して潜れる。赤塔の近くには、漁礁があって、ブダイやチョウチョウウオ等の 魚が見られる。水底は、砂地なのでハゼ等も多い。但し、航路が近いので船には注意が必要。



トウアカポイント

嘉手納漁港より船で約3分。近場ボートポイントなので船酔が気になる方でも安心してボートダイビングを楽しむ事が出来ます。
「トウアカポイント」は水面に立っている「赤塔」と水中で見れる「トウアカクマノミ」にちなんで名付けられた名前です。そこには、クマノミの中でも珍しいトウアカクマノミの一家を見る事が出来ます。
ト ウアカクマノミの住んでいるイボハタゴイソギンチャクには、カクレエビやカニ等もおり、周辺ではヒレナガネジリンボウ等のハゼ類も見る事が出来ます。赤塔 が立っている根の周りにはオヤビッチャ等のスズメダイも群れており、ちょっと離れた所には漁礁ブロックがり、魚の安らぎの場所ともなっています。


水釜ケーブル

ビーチエントリーのしやすい階段状の防波堤が広がっている。リーフまでの距離も短く水面移動が楽で、リーフの落ち込みが5M位なので体験・講習・初心者も 安心して潜れる。色とりどりのソフトコーラルが広がっており、スズメダイやチョウチョウウオ等トロピカルな熱帯魚を見る事ができる。そのまま水路を抜けて 行くと真っ白な砂地が広がっており、ハゼは勿論シライトイソギンチャクに住んでいるクマノミの群れを見る事ができる。







ダイビングに関するご注意