沖縄ダイビング

ダイビングスポット
沖縄本島(周辺):渡嘉敷村

運瀬

渡嘉敷の東側の沖に見える露出岩の回り。岩の周りをドリフトで潜る。北側では下げ潮時、高い確率で大物や大群が見られる。ケラマハナダイ・カシワハナダイなどの小物まで各種様々な魚が見られる。南側には、ナンヨウハギやアカモンガラなどが多く、サンゴも棚の上にひしめきあっている。棚から離れると水深が一気に深くなるので、安全停止にはブルーウォーターダイブを経験できる。


アラリ

砂地がきれいなポイント。テーブルサンゴ・枝サンゴは豊富。デバスズメダイ・キホシスズメダイ・アマミスズメダイなどのスズメダイの種類が豊富。アーチではミノカサゴの仲間がよく見られる。クマノミも5種類見られ、カメやエイなども時々現れる。


長崎

渡嘉敷のフェリーが着く港の南側にあるポイント。沖に向かってリーフがいくつもせり出している。クレパスの間には穴がありイセエビなどが生息している。子ガメも多く、色々な魚が見られる。ドリフトダイビングがメイン。


アカンマ

渡嘉敷島の東側にあり、フェリーの着く港の北側にあるポイント。タイトプールの浅場にはいくつもの水路があり、ハタンポやマツカサ類の魚が楽しめる。沖に向かうと根があり、天窓のような穴から見られるイソバナの重なり合った様子がきれいに眺められる。大きなウミウチワも水深16mぐらいにあり記念撮影にもってこい?


自津留

渡嘉敷島の並びで、1番北側にあるポイント。北側はどこまでも続くサンゴの丘と言った感じで大物もよく通る。冬場はクジラの声が良く聞こえる。南側はドロップオフに近いロケーションでサンゴの棚が終わると急激に水深が深くなる。沖にある根の付近ではネムリブカやトビエイなどもよく見られる。枝サンゴには、一面ハナダイ・スズメダイが群生している。


儀志布西

儀志布島の西側にあるポイントで沖に向かってリーフがせり出している。スズメダイ類が多く水底の砂地の砂は、少し大きい粒でサラサラ感が気持ちいい。クレパスの間には、色々な魚が流れを避ける為に集まってくる。カメが多いエリアでも有り、初心者〜上級者まで楽しめる。


サンドトライアングル

儀志布島と渡嘉敷島の中間にあるポイント。浅場は、サンゴの根があり水底の砂地は白くキレイ。沖に向かって砂地が三角形に広がっている。(名前の由来)
リュウキュウキッカサンゴが群生していてスズメダイの数が多い!クマノミも5種類見る事が出来、カメやトビエイも運次第では見られるかも・・・。


カミグー

サンドトライアングルの南側にあるポイント。サンゴと砂地がキレイなポイントでリュウキュウキッカサンゴや枝サンゴ、ハマサンゴ類も豊富。白くきれいな砂地を沖へ進むと根が現れ、その先のオーバーハングではアカククリの幼魚などがよく見かけられる。


タマルル

渡嘉敷島の北側に位置するポイント。沖に向かっていくつもリーフが伸びている。テーブルサンゴが豊富でその下にはネムリブカの子供がいることもあり、時には島側を泳いで行った先のアーチの中でハナミノカサゴなども見かける。海洋状況が安定しない冬場は潜る事が少なく、夏場に潜ることが多いポイント。


野崎

渡嘉敷島の西側にあるポイントで体験からFUNダイブまで楽しめるポイント。浅場にはテーブルサンゴ、枝サンゴが群生し沖に向かってなだらかに深くなり砂 地に根が点在するロケーション。浅場にはスズメダイ類が豊富。クマノミも各種見られます。深場にはハゼ類が多い。ネブリブカがテーブルサンゴの下にいるか も。


リルカワ

野崎の南側にあるポイントで、浅場から幾つかのミゾが沖に向かって伸びていて、水深14mぐらいから砂地と根が点在するロケーションに変わる。イソバナが群生しているので、違った雰囲気が味わえる。


スン崎

浅いところではリルカワや野崎に似てサンゴがある沖側は、傾斜がきつく急に深くなっている。イソバナは1mぐらいのものもあり大きなウミウチワもいくつか 存在しています。斜面にはキンギョハナダイ、ハナゴイ、スズメダイ類が多くグルクン(タカサゴ、クマザサハナムロなど)がキレイに群れで泳いでいる。


アリガー

ケラマを代表するポイントで、船を泊める近くにある根にはクマノミが5種類見ることができます。スズメダイ類は数も多く色々な種類が楽しめます。グルクン (タカサゴ、クマザサハナムロなど)も浅場や深場で見られます。沖にある根の周りでは、チンアナゴ、ケラマハナダイ、ヨスジフエダイ、キンメモドキ、スカ シテンジクダイなどが群れで生息している。沖の根は水深が深く20mを超えるので潜水時間を注意。


アリガー南

アリガーの南側に位置し、流れがある事が多い。ドロップオフに近い地形で斜面には一面枝サンゴが群生しているので要中性浮力。デバスズメダイの数がとにかく多い。グルクンも壁のように目の前を泳いでいる。


三本根

島に近い所では流れはほとんどなく、沖にある根にはよくカメが寝ている。ドリフトダイビングで潜る事が多く、せり出している根の先端には、きれいなイソバナの花が咲いている。






ダイビングに関するご注意